【春マザー牧場】協賛社ブースご紹介Part.2

会場にブース設営を予定されているご協賛企業様のご紹介のつづきです。(敬称略)

サインハウス

モーターサイクル用インカムとしてすっかり定番となったB+comは、昨年リリースされた最新型の6Xが大人気。一時期は膨大なバックオーダーを抱えていたということですが、ようやく店頭でも普通に入手できるようになりましたね。

さて、今回サインハウスはそのB+com 6Xを用いた特別なツアーをDOA春内で実施することになっています。専門誌GARRRBMW BIKESの編集者のヘルメットにB+comを装着。ラリーフォーマットをはじめて体験する彼らを魅惑のボイス(?)でやさしく(??)アテンドするのは、かのダカールラリー・チャンピオンドライバー三橋淳!!

バイクでは日本人初の南米ダカール完走者となりましたね! 2年ほど前にもDOAの企画として三橋淳B+comツアーを開催したことがあります。こんどはツアー参加者だけではなくそれをいろんな方に追体験していただけるようにしたいという趣旨のもと、GARRRとBMW BIKESという専門誌で体験記事を作成することになりました。

はたして最後尾からチャンピオンがこんなふうに優しくルート案内してくれる・・・のかどうか。メディアグループに遭遇したエントラントの皆さんは暖かく見守ってあげてください(^^;; 通常のイベント取材も平行して行われるので、掲載記事も楽しみですね。

サインハウスはこの春から大きく体制が変わり、復活したイタリアンスクーターLambrettaの日本総輸入代理店ともなっています。オフロードライダーの普段遣いにおしゃれなスクーターなんてのも気になりますよね? 会場展示を希望される方はぜひリクエストを。

現在開催中の大阪モーターサイクルショーと3/23から開催される東京モーターサイクルショーにも出展されているので、直前情報をご覧になりたい方はぜひそちらにも。

BONSAI MOTO

オーナーの豊富なエンデューロでの経験を活かして、曇らないこと&クリアで歪みのない視界を得られることでは天下一品の性能を誇るイタリアン・ゴーグルARIETEや、樹脂パーツの雄ACERBISについての様々な相談に的確に答えてくれるはず。

アドベンチャー関連では飛び抜けた頑強さで知られる新興メーカーOUTBACK MOTORTEKのラインナップを拡充中。アフリカツインオーナーならとくにプロテクションパーツが見逃せませんね。

WRGKグループ

ワルガキグループは、主にKTMブランドのアドベンチャーバイクで大挙エントリー!まさに壮観!!

1090/1290 Adventureが現在のKTMアドベンチャーラインの主力。パワーパーツはもちろん、各種アフターパーツメーカーのフィッティングも含めたラリー向けのカスタムを多数試されています。こうした取り組みをされているショップ群なら非常に頼りになりますね。

M.S.C. 原サイクル

BMWのオフロードマシンならこちらにぜひご相談を。原社長自ら駆る1200GS Rally は数々の実戦を経て円熟の仕上がりと言っていいでしょう。ここまでしっかり乗りこなしてカスタム相談できる方がいるBMWのディーラーって、なかなかないんですよ。

その名の通り、街乗りにも意外と似合うR nineT Urban G/S もラリーフィールドで人気ですよね。こちらも会場展示予定です。

ホンダドリーム荻窪

話題のアフリカツイン・アドベンチャースポーツが多数納車待ちの大人気。展示に回す余裕は・・・ちょっとなさそうですが、この新型でエントリーされている方も数名。DOAに出るならこのマシンでないと!といううれしいエントラントの声も届いています。興味ある方はぜひ会場で荻窪スタッフにお話を聞いてください。


  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Instagram Icon
  • White Pinterest Icon

© 2010-2020 Project Doors